lonitab2

ロニタブは、インタスファーマ社が製造する服用タイプのミノキシジル医薬品です。

本来は高血圧の治療薬でしたが、降圧剤として服用した患者の約8割に体毛の著しい増加が認められ、男性脱毛症であるAGA治療薬としても処方されるようになりました。

ロニタブの有効成分はミノキシジルです。
ミノキシジルには血管を拡張させて血行を促す働きがあります。

血流が促進されると、発毛の元になる毛乳頭に充分な栄養分や酸素が行き渡り、毛母細胞が活動を再開し、発毛に繋がると考えられています。

塗るタイプではなく、内服タイプである為、気軽に利用できると共に、体内から働きかけるので効果がでやすいのが特徴です。

ロニタブは食前・食間・食後は関係なくご使用いただけます。
より効果を得られたい方は、毎日同じ時間に服用することをオススメしています。

ロニタブは、1日1錠を、水またはぬるま湯で服用下さい。
初めての方は、半錠にして服用をオススメします。

1日の限度量は1錠とし、服用後24時間以上空けて下さい。

主な副作用として、かぶれ、むくみ、痺れ、性欲低下、ほてりなどが挙げられています。
また、ミノキシジル成分の製品でアレルギー症状を起こしたことがある方、未成年の方は服用できません。

甲状腺疾患による脱毛や、円形脱毛症などにも服用できません。服用中に他の育毛剤や外用薬の頭皮への使用も避けた方が良いでしょう。
高血圧症の治療を受けている方や、低血圧の方は注意が必要です。
高血圧症の方が処方薬とミノキシジル成分であるロニタブを併用すると、血圧が一気に下がりすぎる恐れがあり、低血圧の方は血圧が下がり過ぎる危険性があります。

また、妊婦や母乳をあげている方も使用は控えて下さい。
この治療薬は、保険適用外です。医療機関にての自費購入か、もしくは海外からの個人輸入代行の通販サイトなどからの購入となります。