12261419_52bbbc68f1eb8

アイピルはノルレボと同じく、レボノルゲストレルを主成分とした緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。

避妊具を使用しなかった場合や、避妊具を使用したが失敗してしまった場合などに服用する事で、受精や受精卵の着床を防ぎ計画外の妊娠を防ぐ効果があります。

アイピルの効果は非常に高く性行為後24時間以内の服用で95%、72時間以内で75%の効果が期待できると言われています。

毎日服用する低用量ピルとは違い、性行為後の72時間以内に服用するため事前に入手する必要があります。
また、アイピルはノルレボのジェネリック医薬品であるため、同様の主成分ながら安価で購入できることも特徴です。

アイピルの服用方法

アイピル1錠を性行為から72時間以内に服用します。

避妊率は24時間以内で95%、72時間以内で75%の有効性と言われていまので、できる限り早い服用が必要となります。

アイピルの副作用

副作用は、吐き気・頭痛・不正出血・胸の張りが報告されています。

アイピルは強い成分を含み女性ホルモンに作用し体に負担をかけてしまうため、毎日の服用は避けてください。
アイピルは「緊急避妊薬」であるため、避妊を望むのであれば普段から低用量ピルや、コンドームなどできちんと避妊し、最終手段としてアイピルを使うようにしてください。

また、てんかん、妊娠中・授乳中、糖尿病の方は服用をやめてください。